日々の暮らしの中で出会う光と影を表現したい。

2月初め、JR青梅線、軍畑で降りて多摩川沿いの遊歩道を御岳まで歩いた。
川の水はコバルトグリーンのところもあり、澄んでいて美しい。

水音を聴きながら歩いていると、空気は冷たく肌がピンと張り詰めるような寒さ。
前日に降った雪が少し道の端に残っていて、水たまりは氷が張っていた。

川沿いには玉堂美術館や櫛かざし美術館、小澤酒造などがある。
24×40

渓流の伴奏
スポンサーサイト
2012.02.28 / Top↑